このイベントは終了しました。

東遊園地内に暫定移転を完了『こうべ花時計再始動セレモニー』神戸市中央区

図案
 3月28日、東遊園地(神戸市中央区)で『こうべ花時計再始動セレモニー』が執り行なわれる。

 こうべ花時計は1957年に日本初の花時計として市役所前に設置。以降、市民を始め神戸を訪れる観光客などから神戸のシンボルとして長く愛されてきたが、市役所本庁舎2・3号館の建て替えに伴い、昨年12月上旬から撤去工事を開始。約4ヵ月の工事を経て、東遊園地内に暫定移転が完了した。

 図案のタイトルは「からふるハート」で、 神戸市須磨区の下西心優さんによる“花時計植替え500回記念図案募集”の入選作品。ピンク、青、黄色、紫、白といったビオラや緑色のタマリュウといった合計3000株を使った、再始動1号となる花時計を発表する。そのほか、作詞者の戸倉信吉さん(当時、高羽小学校6年生)による指揮のもと、「花時計の歌」の合唱を行う予定だという。
日時 2019年3月28日(木)
9:15~9:45
場所 東遊園地 南側園地
(神戸市中央区加納町6丁目)
GoogleMapで探す

掲載日:2019/3/20 16:00

人気の記事



Page Top