映画『ソローキンの見た桜』

©️2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
 第1回日本放送文化大賞ラジオ部門でグランプリに輝いたラジオドラマ「松山ロシア人捕虜収容所外伝 ソローキンの見た桜」を実写映画化した『ソローキンの見た桜』が3月22日より公開される。

 日露戦争時代、日本には多くのロシア兵捕虜収容所が存在した。初めてその場所が作られたのが愛媛県松山市。この松山で運命的に出会ってしまった日本人看護師とロシア将校の2人を中心に、日露戦争時代から現代に続く数奇な運命を辿った2人、その子孫が巡る不思議な運命を描いた物語。


<ストーリー>2018年、駆け出しのテレビディレクター桜子(阿部純子)は、先輩の倉田(斎藤工)の指示でロシア人墓地の取材をすることに。ロシア行きが決定するもまだ興味を持てずにいた桜子だったが、祖母から自身のルーツがロシアにあることを知らされる。そして祖母が持っていた祖先・ゆい(阿部純子)の日記を見て、自身のルーツであるロシア兵と日本人看護師、2人の衝撃の事実を知ることになる―。
公開日 2019年3月22日(金)
脚本・監督 井上雅貴
原作 田中和彦
脚本 香取俊介
出演 阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ、山本陽子、アレキサンドル・ドモガロフ、六平直政 ほか
配給 KADOKAWA
劇場(兵庫) 神戸国際松竹
豊岡劇場(4月6日〜)

掲載日:2019/3/19 16:00

人気の記事



Page Top