甲子園会館『春のチャリティー特別見学会』 西宮市

 甲子園会館(西宮市)で4月7日、『春のチャリティー特別見学会』が開催される。要参加申し込み。

 同館は、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト(米・1867~1959)の愛弟子・遠藤新(1889~1951)が設計し、国の近代化産業遺産および登録有形文化財に登録。「打出の小槌」を主題にしたオーナメントや緑釉瓦、西ホールの天井に見られる市松格子など、壮麗な洋風建築に日本の伝統美が随所に取り入れられている。また、最近ではNHKの連続テレビ小説「まんぷく」のロケ地としても使用された。

 当日は90分間のガイドで館内を見て回り、その後旧甲子園ホテル時代にはバンケットホールだった西ホールにて昼食を楽しむことができるほか、武庫川女子大学筝曲部の演奏も実施。なお、見学料は、西宮市奨学基金に寄付される。
開催日 2019年4月7日(日)
時間 Aコース(定員40人)
受付 9:20~
見学 9:40~11:10
昼食 11:10~11:40

Bコース(定員40人)
受付 11:20~
見学 11:40~13:10
昼食 13:10~13:40

※1度の申し込みで5人まで
場所 武庫川女子大学甲子園会館
(西宮市戸崎町1-13)
GoogleMapで探す

※正門横の守衛室前にて受付
参加費 2,500円
申し込み・問い合わせ 甲子園会館庶務課
TEL 0798-67-0290(受付時間は月曜~金曜10:00~16:00)

掲載日:2019/3/14 16:00

人気の記事



Page Top