兵庫県立美術館 特別展『没後130年 河鍋暁斎』神戸市中央区

《鳥獣戯画 猫又と狸 下絵》制作年不詳 河鍋暁斎記念美術館 *前期展示
《骸骨の茶の湯 下絵》制作年不詳 河鍋暁斎記念美術館 *前期展示
河竹黙阿弥作『漂流奇譚西洋劇』《パリス劇場表掛りの場》明治12(1879)年
GAS MUSEUM がす資料館 *前期展示
 兵庫県立美術館(神戸市中央区)で4月6日から、特別展『没後130年 河鍋暁斎(かわなべきょうさい)』が開催される。5月19日まで。

 並外れた画力と、幅広い画業で知られる河鍋暁斎は、幕末から明治初頭にかけて活動した絵師で、歌川国芳から浮世絵を学んだほか、日本絵画史上最大の画派・狩野派にも入門し伝統的な官学派の絵画を学び、様々な作品を制作した。

 同展では、外国人との交流や寺社、商店、版元、出版社といった広範囲にわたる人たちとの交友や受注関係のもと制作された掛軸や屏風、絵馬などの作品を紹介し、幕末明治期の広い交流関係、ネットワークと暁斎の創造力を考察する。

 また、写生や画稿、版下絵などの「下絵類」や、挿絵本、工芸作品なども展示。そのほか関連イベントとして、

講演会や解説会、サントリー美術館主任学芸員・池田芙美さんをゲストに迎えた対談のほか、「おやこ解説会」や子ども向けのイベントなども催される。
日程 【前期展示】4月6日(土)~ 4月29日(月・祝)
【後期展示】4月30日(火・休)~ 5月19日(日)
場所 兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
GoogleMapで探す
開館時間 10:00~18:00
※金、土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
入場料 一般1,400円、大学生1,000円、70歳以上700円
【2枚セット券】前売・一般のみ2,000円
休館日 月曜、5月7日(火)
※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館
関連イベント 【記念講演会「河鍋暁斎のすべて」】
4月7日(日)14:00~
ミュージアムホール
定員250人、聴講無料(要観覧券)

【記念解説会「河鍋暁斎の創造性―写生からの展開」】
4月28日(日)14:00~
レクチャールーム
定員100人、聴講無料(要観覧券)

【対談「ふたつの暁斎展」】
4月21日(日)14:00~
レクチャールーム
定員100人、聴講無料(要観覧券)

【学芸員による解説会】
5月19日(日)14:00~
レクチャールーム
定員100人、聴講無料(要観覧券)

【おやこ解説会】
4月13 日(土)10:30~
レクチャールーム他
定員20組(要事前申込、先着順)
※こどものイベント係 TEL 078-262-0908(3月13日(水)10:00より受付開始)

【こどものイベント】
5月4日(土)13:30~
※詳細はこどものイベント係へ問い合わせ

【ミュージアム・ボランティアによる解説会】
会期中毎週日曜日11:00~
レクチャールーム
定員100人
問い合わせ 兵庫県立美術館
TEL 078-262-0901

掲載日:2019/3/14 00:01

人気の記事



Page Top