白鶴酒造資料館 さくらムジカオーケストラによる『酒蔵コンサート』

さくらムジカオーケストラ
 白鶴酒造資料館(神戸市東灘区)で3月22日、西宮市を活動拠点とするアマチュアオーケストラ「さくらムジカオーケストラ」による『酒蔵コンサート』が開催される。

 2016年に発足された「さくらムジカオーケストラ」は、音楽が好きな子育て中の人、久しぶりに楽器を再開した人などが集まり、0歳から大人まで幅広い層が楽しめる音楽を目指して活動している。白鶴酒造が地域で活動する人の夢を応援する新プロジェクト「みんなの白鶴御影校」の昨年4月に開催されたイベントオーディションで、さくらムジカオーケストラのイベント案が選出され、今回の開催に至ったという。

 クラシックコンサートは未就学児が入場できないの会場が多い中、同イベントでは酒蔵のホールに畳を敷き、授乳スペースを設けるなど乳幼児を連れていても安心して楽しめるコンサートを展開。最大5人のアンサンブルによるバレエ組曲「くるみ割り人形」から花のワルツや時代劇メドレーなどが披露され、子どもが泣いても踊っても寝ていても気兼ねなく音楽を楽しめるという。また、会場では白鶴の甘酒や日本酒も振る舞われ、お酒を片手に生演奏を聴くことができるほか、灘五郷や楽器についてのトークも行われる。
日時 2019年3月22日(金)
15:00~16:00(受付14:30〜)
場所 白鶴酒造資料館(白鶴御影校) 
(神戸市東灘区住吉南町4-5-5)
GoogleMapで探す
料金 参加無料
問い合わせ sakuramusica.orchestra@gmail.com
(代表 佐藤 拓)

掲載日:2019/2/23 00:00

人気の記事



Page Top