香雪美術館『四世梅若実襲名記念 幽玄の世界への誘(いざな)い 梅若六郎家所蔵の能面と能装束』

 香雪美術館(神戸市東灘区)で2月26日から5月6日まで『四世梅若実襲名記念 幽玄の世界への誘(いざな)い 梅若六郎家所蔵の能面と能装束』が開催される。

 能は、謡(うたい)と囃子(はやし)を伴奏に、演者が能面をつけて演じ極めて簡素な所作で物語が展開される。その歴史は平安時代に日本各地で発生した猿楽(さるがく)にさかのぼり、鎌倉時代により完成度の高い歌(うた)と舞(まい)の劇へと進化して、室町時代初期に足利義満の庇護のもと、観阿弥、世阿弥父子によって大成されたといわれている。

 同展はシテ方能楽師の梅若六郎玄祥師が、2018年に曽祖父である初代実の名跡を継ぐ四世梅若実襲名を機に企画。同師の全面的協力を得て、猿楽発祥の地のひとつ丹波に祖を持ち、600年を超える芸能の系譜を伝える梅若六郎家の貴重な面や装束約70点が紹介される。
開催期間 2019年2月26日(火)~5月6日(月・振)
※月曜休館、ただし4月29日(月・祝)・5月6日(月・振)は開館
開館時間 10:00~17:00
※入館は16:30まで
場所 香雪美術館
(神戸市東灘区御影郡家2-12-1)
GoogleMapで探す
観覧料 一般800(600)円、大高生500(400)円、中学生以下無料
※()内は20人以上の団体料金
関連イベント 「ギャラリートーク」
開催日 会期中の毎週土曜日
時間 14:00~
料金 観覧料のみ
問い合わせ 香雪美術館
TEL 078-841-0652

掲載日:2019/2/16 16:00

人気の記事



Page Top