神戸市でモバイルバッテリーシェアリングサービス機器「Charge SPOT」設置

充電器
バッテリースタンドLLタイプ
バッテリースタンドSタイプ
 神戸への来街者や市民が使用できるモバイルバッテリーシェアリングサービス「Charge SPOT」が2月7日から神戸市役所、新神戸観光案内所、神戸市営地下鉄三宮駅などに順次設置されている。

 「Charge SPOT」は、外出時にスマホなどのバッテリーが切れた際、最寄りのチャージスポットで持ち運び可能な充電器を借り、別のチャージスポットに返却できるサービス。自治体が所有する施設に設置するのは、全国で初めてだという。また、デジタルサイネージ機能が備わっており、神戸市は市政情報や観光、イベント情報などを発信する。

 利用方法は、アプリケーションをダウンロードし、登録を行い、チャージスポットのある場所を検索、スポットにある機器画面上からQRコードを読み取り、利用が可能になる。料金は時間毎に設定され、1時間以内に返却すると150円、1時間を超えて48時間以内に返却で300円、返却がない場合(48時間以上)は買い取りで2280円となる(全て税抜)。なお、バッテリーはライトニングケーブル、タイプC、マイクロUSBの3つのケーブルが付属しておりほぼ全てのスマートフォンに対応できるという。
設置日 2019年2月7日(木)より順次設置
設置場所 神戸市役所1号館1階ロビー(2月7日設置) ※LLタイプ1台
神戸市総合インフォメーションセンター(2月7日設置) ※Sタイプ2台
新神戸観光案内所(2月7日設置) ※Sタイプ1台
神戸市営地下鉄三宮駅(2月7日設置) ※LLタイプ1台
神戸市営地下鉄新神戸駅(2月中旬ごろ設置予定) ※LLタイプ1台
バッテリーの仕様 容量5,000mAh、対応規格Lightning、Micro USB、USB Type-C

掲載日:2019/2/7 16:00

人気の記事



Page Top