このイベントは終了しました。

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』大阪で平原綾香さんが熱唱

 1月18日、大阪市内で映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の歌唱イベント・試写会が行われ日本版声優でメリー・ポピンズ役を担当した平原綾香さんが登壇した。

 PL トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」を基に1964年に公開され、第37回アカデミー賞13部門ノミネート&5部門受賞した映画『メリー・ポピンズ』が新たなエンターテインメント作品として誕生。2月1日に公開となる本作では、昨年に日本で初上演されたミュージカル「メリー・ポピンズ」でメリー・ポピンズを演じ、圧倒的な歌唱力とダンス・パフォーマンスで観客の心をわしづかみにした平原さんが日本版声優に抜擢された。また、平原さんは日本版エンドソング「幸せのありか」も担当し、劇中の台詞と歌の吹替、そしてエンドソングを同一人物が担当するのはディズニー映画史上初の快挙だという。

 当日、紺のロングコートに赤の蝶ネクタイ、羽根つき帽を被り、メリー・ポピンズ風の衣装で登場した平原さんは、「こうした映画の試写会で歌わせていただくのは大阪が初めて。この映画は本当に素晴らしいので、今日はちょっとだけ歌を楽しんでいただけたらと思います!」と笑顔。続けて「『幸せのありか』は2月6日にシングルでリリースされます。そのシングルに収録されている中から、この曲をお贈りしたいと思います。聴いてください」と話し、前作『メリー・ポピンズ』の代表曲の1つである「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」を生歌で披露。会場は歌に合わせた拍手で盛り上がりをみせた。

 声優に加えエンドソングを担当することについては「私は元々声優ではないので声優についてお声をかけていただけるもの嬉しいのですが、エンドソングを歌うのは本職だから、どっちも歌えて嬉しいですね」とコメント。「幸せのありか」について問われると「この曲はメリー・ポピンズが子どもに歌う子守歌。お母さんを失くした3人の子どもに“そこにいないだけで、ちゃんと見守っているよ”と伝える、すごく切なくて良い歌です。またそこにはメリーポピンズも“みんなのことを見ているから忘れないで”という心情も描かれた深い曲でもあるんです」と魅力を語った。その後「幸せのありか」を歌い上げると、会場は拍手が鳴りやまない様子。迫力ある歌声で観客を魅了した平原さんは「もう今のこと忘れて楽しんでください(笑)。本当に出演者の皆さんもすごいですし、サウンド、レコーディング状況がすごく良いの!マニアックな話ですが…」と笑わせつつも「音楽も映像も最初から最後まで楽しんでください!英語版ももちろん素晴らしいですが、ぜひ完全日本語吹替版も愛していただければと思います」と話し、イベントを締めくくった。

掲載日:2019/1/21 12:30

人気の記事



Page Top