映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』

©2017 FOCUS FEATURES LLC.
 世紀を経て明かされる、女王の晩年を輝かせたインド人従者との強いを描いた真実の物語『ヴィクトリア女王 最期の秘密』が2月1日よりシネ・リーブル神戸(神戸市中央区)で公開される。

<ストーリー>1887年、ヴィクトリア女王即位50周年記念式典。記念金貨の贈呈役に選ばれた若者アブドゥル(アリ・ファザル)は、イギリス領インド帝国からイギリスへとやってくる。最愛の夫と従僕を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリア(ジュディ・デンチ)だったが、王室のしきたりを無視し、真っ直ぐに自分へ微笑みかけてくるアブドゥルに次第に心を開いていく。新しく広がる世界に、ヴィクトリアの止まっていた人生が鮮やかに動きだす。
公開日 2019年2月1日(金)
※その他地域では1月25日(金)より順次公開
監督 スティーヴン・フリアーズ
脚本 リー・ホール
出演 ジュディ・デンチ、アリ・ファザル、エディ・イザード、アディール・アクタル、マイケル・ガンボン ほか
配給 ビターズ・エンド、パルコ
劇場(兵庫) シネ・リーブル神戸

掲載日:2019/1/18 16:00

人気の記事



Page Top