ベビーカステラを使ったアレンジスイーツ『i.b&d』南京町にオープン

パフェタイプ
ディップタイプ
 神戸・南京町(神戸市中央区栄町通)に祭りの屋台でお馴染みの「ベビーカステラ」を使用したアレンジスイーツを提供するテイクアウトショップ『i.b&d(アイビーアンドディー)』が2月1日にオープンする。現在、プレオープン中。

 日本文化の一つでもある「祭り」に必要不可欠な屋台に着目し、さらにベビーカステラの発祥は兵庫県であると言われていることから「ベビーカステラ専門店」を発案。開業にあたり複数の現役パティシエや20代〜30代の女性らからなる「ベビーカステラ研究所」を設立し、約半年をかけて試行錯誤を重ねた。その結果、まん丸で見た目にもかわいくふわっともっちりしたベビーカステラ(プレーン、抹茶味、チョコレート味)が誕生。メニューには、ティラミス・抹茶ティラミス・ホワイトティラミスなどとベビーカステラを合わせた「パフェ」、生クリームをつけながら味わう「ディップ」、袋に詰め合わせた「オリジナル」の3タイプを販売する。そのほか新作も試作中だという。

 小麦や卵をはじめ、ほとんどの素材を兵庫県産にこだわり、スタッフは同店を通し「兵庫を世界に拡めるために新たな事業として挑戦したい」と想いを話す。本オープン前から、休日には海外観光客を含む来店者で行列を作り人気を博すほか、複数の女子校などからの出店オファーも受けるなど注目を集めているという。神戸散策のお供に、差し入れやお土産としてなど、女性を中心に需要が高まりそうだ。
オープン日 2019年2月1日(金)〜
※2018年11月よりプレオープン中
店舗 「i.b&d(アイビーアンドディー)」
神戸市中央区栄町通1-2-14
GoogleMapで探す
営業時間 11:00~19:00
TEL 078-335-7792

掲載日:2019/1/18 00:01

人気の記事



Page Top