映画『ジュリアン』

©2016 - KG Productions - France 3 Cinema
 離婚した父と母の間で揺れ動く息子ジュリアンの苦悩を描く映画『ジュリアン』が1月26日よりシネ・リーブル神戸(神戸市中央区)で公開される。世界35か国で公開され、フランスでは40万人のヒットになった傑作サスペンス。

<ストーリー>両親が離婚したため、母のミリアム(レア・ドリュッケール)と姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン(トーマス・ジオリア)。離婚調整の取り決めで親権は共同となり、彼は隔週の週末ごとに父のアントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)と過ごすことに。かたくなにアントワーヌに会おうとしないミリアムだが、アントワーヌはジュリアンを通じてミリアムの連絡先を突き止めようとする。ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けるが、それゆえにアントワーヌの不満は徐々に溜まっていく—。
公開日 2019年1月26日(土)
監督 グザヴィエ・ルグラン
出演 レア・ドリュッケール、ドゥニ・メノーシェ、トーマス・ジオリア ほか
配給 アンプラグド
劇場(兵庫) シネ・リーブル神戸

掲載日:2019/1/11 16:00

人気の記事



Page Top