『折杉神社の粥占神事』丹波市

 丹波市にある折杉神社(おりすぎじんじゃ)にて、2月3日に、五穀豊穣を祈る伝統行事『折杉神社の粥占神事』が執り行われる。

 同神事は、祭事後、境内にて当番の氏子集が篝火(かがりび)を焚き、白米3合、篠竹13本を大鍋に入れ煮詰め、炊き上げる。竹管13本は、大麦や小麦、蕎麦、粟といった農作物13種類を表しているといい、鍋から篠竹を引き上げ、竹を割り管に入った粥の多少によって、農作物の豊作、凶作を占う。また、粥は参拝者に無病息災を願い振舞われる。そのほか、残り火、熾きを鉄板に敷き詰め、樫の木で作った3センチ角の駒を12個、1月から12月まで並べて燃やし、その駒の焦げ具合により、月ごとの天候を占い、その年の農作物の作付けをする目安としていた儀式も行われる。
日時 2019年2月3日(日)
15時~
場所 折杉神社
(丹波市市島町徳尾)
GoogleMapで探す
問い合わせ かすが観光案内所
TEL 0795-70-3501

掲載日:2019/1/11 00:00

人気の記事



Page Top