須磨離宮公園『ポインセチア展』 神戸市須磨区

 神戸市須磨区の須磨離宮公園で12月26日まで『ポインセチア展』が開催される。

 須磨離宮公園の前身である皇室の別荘「武庫離宮」、その庭園を設計した福羽逸人さんが日本で初めて白いポインセチアを導入したことから同園では毎年行われる『ポインセチア展』。期間中は、ゆかりのある白いポインセチアを使ったクリスマスディスプレイをはじめ、プリンセチア、ウインターローズ、マースホワイトなど、様々な種類のポインセチア、約15品種150鉢が展示される。

 また12月15日には、園内噴水広場で約4000本のキャンドルの灯で心温まるクリスマスアートを描き、噴水のライトアップがクリスマスムードを盛り上げる。
開催期間 2018年12月1日(土)~26日(水)
木曜定休
営業時間 9:00~17:00(ポインセチア展は16:45)
※入園は16:30まで
場所 神戸市立須磨離宮公園 植物園 観賞温室
(神戸市須磨区東須磨1-1)
GoogleMapで探す
料金 15歳以上400円、小・中学生200円
関連イベント ■冬のキャンドルナイト
日程 2018年12月15日(土)
時間 17:00~19:30 ※雨天中止
場所 噴水広場周辺
問い合わせ 神戸市立須磨離宮公園
TEL 078-732-6688

掲載日:2018/12/4 00:00

人気の記事



Page Top