このイベントは終了しました。

映画『ニセコイ』中島健人と中条あやみが“縁切り神社”安井金比羅宮で大ヒット祈願

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で“最長連載ラブコメ”として新たな記録を樹立し、コミックスのシリーズは累計1200万部を突破した人気同名漫画を映画化した『ニセコイ』。11月22日には公開を記念して、京都のパワースポット「安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)」で中島健人と中条あやみによる大ヒット祈願が行われた。

 本作は、極道一家に生まれながら、勉強一筋の真面目で普通な高校生・一条楽(中島)と、ギャング組織の一人娘で容姿端麗なハーフ女子ながらケンカっ早い暴力的な強烈ガール桐崎千棘(中条)が、ヤクザとギャングの抗争を止めるために偽物の恋人(ニセコイ)を強制的に演じさせられることから始まる「恋愛抗争コメディ」。

 当日は、別名「縁切り神社(あらゆる悪い縁を切り、良縁を結ぶ)」として話題を集める同神社で、縁切り式も執り行われ、絵馬の形をした石碑の中央に穴をくぐることで悪縁を切り、良縁を結ぶとされる名物スポット「縁切り・縁結び碑(いし)」を体験。「カッコつけがちな自分と縁を切って、ナチュラルな自分を出していきたい!」と声高らかに宣言した中島は、「紅白出場が決まった際にジャニーさんにどうしたら“セクシー”になれるのか相談したら『YOU はそのままでいいよ』と言ってくださったので、これからは自然体でいこうと思います」と笑顔を見せた。さらに、紅白が決定したことに関して質問が飛ぶと「King & Prince という勢いのある後輩のグループと共演できるのはとても嬉しいです。平成最後の紅白で日本中を彩り、新しい元号へつなぎたい」と話した。

 続いて石碑をくぐった中条は「世間からは“おとなしい子”というイメージを持っていただいているのですが、実際は「ニセコイ」の千棘同様に活発なので、 その活発なイメージとの縁を結びたい!」と答え、それぞれ悪縁と向き合い決別を果たした。中島は同スポットについて「偽物から本物に変わっていく『ニセコイ』っぽくてご縁を感じますね。まさに『ニセコイ』にとっての“穴場”」と嬉しそうに話す一方、当日は“いい夫婦”の日であることから「本来であればその日に来るべきところではない(笑)。でもそれも『ニセコイ』らしい」と笑いを誘った。

 イベント中には、「カッコつける自分」との縁を切ることを宣言したが結果何をしてもかっこよくなってしまう中島に関西出身である中条が「全然縁切れてないやん!」と関西弁でつっこむ場面も。最後には「京都に来れてほんまに嬉しいです!『ニセコイ』見に来てや〜!」と話す中条に続いて中島も“ニセ関西弁”で告知するなど、会場は和気あいあいとした仲睦まじい姿と雰囲気に包まれていた。

 映画『ニセコイ』は12月21日より全国にて公開される。

掲載日:2018/11/23 16:00
Kiss PRESS編集部:木下

人気の記事



Page Top