兵庫県立美術館『類は友を呼ぶ』 神戸市中央区

白髪一雄《黄帝》1963年
中川雄次郎《授業の中にて》1934年
金山平三《首里》1941年
オーギュスト・ロダン《オルフェウス》1892年
東山嘉事《題名不詳(赤い円2)》制作年不詳
 兵庫県立美術館(神戸市中央区)で11月17日から3月3日まで、県美プレミアムⅢ 特集『類は友を呼ぶ』が開催される。

 同展は“類は友を呼ぶ”と題して、類似した作品を比べながら鑑賞する展覧会。線の諸相を紹介する「千の線」をはじめ、白と黒の対比が明快な木版画が並ぶ「白と黒」、金山平三(1883-1964)の風景画の中でも特にモチーフの取り上げ方や構成の仕方が似ているものをまとめた「モチーフ」、既成の物を集合させたり、積み上げたりした彫刻が並ぶ「集積」など10章から構成され、近代から現代までの幅広い作品を鑑賞できる。

 また会期中には、同展に新収蔵される今村源さんの彫刻を記念した講演会(1月20日)や、学芸員によるギャラリートーク(11月25日・12月22日)、ミュージアム・ボランティアによるガイド・ツアー(会期中の金・土・日)などが行われるほか、11月24日と25日は「関西文化の日」として観覧料が無料となる。さらに同期間中は、県美プレミアムⅢ 小企画「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」も同時開催される。
【関連イベント】
「学芸員によるギャラリートーク」
開催日 11月25日(日)、12月22日(土)
時間 16:00~(約45分)
集合場所 同館エントランスホール
参加費 無料(要観覧券)

講演会「今村源 自作を語る」
開催日 1月20日(日)
時間 14:00~(約90分)
場所 同館レクチャールーム
参加費 無料
定員 先着100人

「ミュージアム・ボランティアによるガイド・ツアー」
開催日 会期中の金・土・日(12月29日・30日は除く)
時間 13:00~(約45分)
参加費 参加無料(内容により要観覧券)
開催期間 2018年11月17日(土)~2019年3月3日(日)
開館時間 10:00~18:00(金曜・土曜は20:00まで開館)
※各日入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜(月曜祝日の場合は翌日休館)、2018年12月31日(月)~2019年1月10日(木)
場所 兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号 HAT神戸内)
GoogleMapで探す
観覧料 一般 500(400)[300]円、大学生 400(300)[200]円、70歳以上 250(200)[150]円、高校生以下 無料
※()は20名以上の団体料金、[]は特別展とのセット料金
※障がい者(70歳以上を除く)は各観覧料金の半額、その介護の方1人は無料
※毎月第2日曜日は公益財団法人伊藤文化財団の協力により無料
※11月24日(土)、25日(日)は「関西文化の日」により無料
問い合わせ 兵庫県立美術館
TEL 078-262-0901

掲載日:2018/11/12 00:00

人気の記事



Page Top