神戸どうぶつ王国 珍獣「コビトカバ」公開 神戸市中央区

コビトカバの「コウメ」
 神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で11月10日から大型草食獣の「コビトカバ」が公開予定となっている。

 コビトカバは体長約1.5~1.7メートル、体重約160~240キロで、一般的に知られるカバの大きさと比べると体長は約半分、体重は約10分の1という小型のカバとなっている。ジャイアントパンダやオカピと共に「世界三大珍獣」として知られ、主に森林の中で生活している。

 今回一般公開されるコビトカバは、12歳のメスで名前は「コウメ」。東山動植物園(愛知県名古屋市)から来園した。エリア「アフリカの湿地」にある、生息地をイメージして作られた新展示場におり、来場者は水の中で泳ぐ姿や草木のある場所でくつろぐコウメの姿を間近で見ることができるという。
公開開始日 2018年11月10日(土)
※やむを得ず、公開日が変更になる場合あり
場所 神戸どうぶつ王国 アフリカの湿地(フラワーシャワー側)
(神戸市中央区港島南町7-1-9)
GoogleMapで探す
アクセス ポートライナー「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)駅」下車すぐ
営業時間 平日10:00~17:00(最終入場16:30)
土・日・祝10:00~17:30(最終入場17:00)
入園料 〈通常〉
大人(中学生以上)1,800円、小学生1,000円、幼児(4歳・5歳)300円、シルバー(満65歳以上)1,300円
※シルバー料金は公的機関の年齢証明できるもの(運転免許証など)を提示

〈年間パスポート「キングダムパス」〉
大人(中学生以上)6,000円
小学生3,500円
幼児(4歳・5歳)1,000円
シルバー(満65歳以上)4,500円
問い合わせ 神戸どうぶつ王国
TEL 078-302-8899

掲載日:2018/11/8 00:00

人気の記事



Page Top