『サイエンスアゴラ in KOBE ~科学・技術って誰のもの?~』神戸市中央区

 11月23日、甲南大学のポートアイランドキャンパスで『サイエンスアゴラ in KOBE』が開催される。

 同イベントは神戸医療産業都市・京コンピュータ一般公開の特別企画として、科学と社会のこれからを考える対話イベントとなっており、今年は「科学・技術って誰のもの?」をテーマに実施。社会の中で様々な形・シーンで活用・活躍される科学や技術について、最先端研究を行う研究者と高校生が立場や世代を越えて語り合う内容となっている。

  当日は理化学研究所のチームリーダーによる基調講演「細胞がくっついたり離れたり -組織の維持と崩壊のしくみ-」からスタートし、その後、地元の高校生と甲南大学理工学部の教授や神戸大学大学院の教授、科学コミュニケーターらによるトークセッションが行われる。
日時 2018年11月23日(金・祝)
10:00~12:00
※受付9:30~
場所 甲南大学 ポートアイランドキャンパス7階 レクチャーホール
(神戸市中央区港島南町7-1-20)
GoogleMapで探す
アクセス ポートライナー「京コンピュータ前駅」より徒歩約4分
参加費 無料
定員 240人
申し込み 公式ホームページから申し込み
問い合わせ 公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
クラスター推進センター 都市運営・広報課
TEL 078-306-2231

掲載日:2018/11/6 16:00

人気の記事



Page Top