このイベントは終了しました。

神戸映画資料館『神戸発掘映画祭2018』神戸市長田区

「オーラックの手」オーストリア国立アーカイブ所蔵
昨年のイベントの様子
 神戸映画資料館(神戸市長田区)にて、『神戸発掘映画祭2018』が開催される。

 同イベントは、現存しないと思われていた映画の発掘やその復元作品の上映を通じて、映像が映し出すその時代の文化背景などを新たな視点で検証し今だからこそ見えてくるものを再発見しようと始まった。初日の10月20日はホームムービーの日と題し、地域や家庭に眠るフィルムを持ち寄る上映会を開催。そのほか期間中には、1920年代のオーストリア映画「オーラックの手」の生演奏付き上映や、1970年代末の関西で8ミリフィルムの自主映画を数多く製作した「植岡喜晴特集」、発掘と復元の最新事例を紹介する講座といった関連イベントが行われる。
日時 2018年10月20日(土)13:30~18:30
      21日(日)11:00~17:45
      26日(金)11:00~16:45
      27日(土)11:00~18:20
      28日(日)11:00~18:15
※各日プログラムはこちら
場所 神戸映画資料館(メイン会場)
(神戸市長田区腕塚町5丁目5番1 アスタくにづか1番館北棟2階)
GoogleMapで探す

ArtTheater dB Kobe(特別会場)
(神戸市長田区久保町6丁目1番-1アスタくにづか4番館4F)
GoogleMapで探す
料金 ・前売り券
1,000円
※神戸映画資料館で販売
※※ホームページから予約購入も可能

・当日券
一般1,200円、学生700円
※当日券は1回目のプログラムの1時間前より発売
その他 ・チケットは1枚で1プログラム参加可能
・無料参加プログラムあり
詳細はこちら
問い合わせ 神戸映像アーカイブ実行委員会 事務局
神戸映像アーカイブ実行委員会 事務局
TEL 078-754-8039
メール info@kobe-eiga.net

掲載日:2018/10/18 00:00

人気の記事



Page Top