京阪浜甲子園モール内に自家製ベーカリーカフェ『OSAMPO BASE』オープン

 西宮市の京阪浜甲子園モール内に、地域のコミュニティ拠点になる自家製ベーカリーカフェ『OSAMPO BASE(オサンポベース)』が10月14日にオープンする。毎週金・土曜日のみ営業。

 地域課題の解決やコミュニティ醸成を目的に、2016年に設立した一般社団法人まちのね浜甲子園が住宅地エリアマネジメントプロジェクトの一貫として開業。ウォーキングや買い物のついでにふらっと立ち寄れるカフェとして、自家製のこだわりパンやフレッシュ野菜、植物性の食材をメインにしたカフェメニューを展開する。内装は、武庫川女子大学との連携のもと、4ヶ月にわたり地域住民参加型のDIYイベントが実施され、店舗のテーブル、ベンチそしてインテリアまで手作りで制作された。独居の家事負担軽減やご近所の繋がりの希薄化など高齢化率48%の団地地域の課題解決を目的としながらも、健康意識の高い若年層も満足できるメニューを展開していくという。

 また、10月14日にはオープニング記念としてマルシェイベント「まちのねピクニック」も開催され、地域のハンドメイド作家、近隣の飲食店や八百屋が集結し、飲食、買い物、ヨガ、フリーマーケットが楽しめる。
オープン日 2018年10月14日(日)
店名 OSAMPO BASE(オサンポベース)
場所 西宮市枝川町9-20(京阪浜甲子園モール内)
GoogleMapで探す
営業日 毎週金・土曜日
※年末年始、夏季休暇は休業

掲載日:2018/10/12 00:00

人気の記事



Page Top