映画『マイ・プレシャス・リスト』

©2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 映画『マイ・インターン』のプロデューサーが、天才だけどコミュニケーション能力がない屈折女子キャリーをヒロインに描いた感動作『マイ・プレシャス・リスト』が10月20日より公開される。

<ストーリー>ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)は、IQ185でハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている“コミュ力ゼロ”の屈折女子。キャリーはある日、唯一の話し相手であるセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)から6つの課題が書かれたリストを手渡される。半信半疑ながらも、まずは金魚を2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し…と一つずつクリアしていくキャリー。その課題を達成するために人との関わりを持つことで、徐々に自分の変化に気づいていく。果たしてキャリーはリストを全てクリアして、幸せを手にすることができるのか―。
公開日 2018年10月20日(土)
監督・プロデューサー スーザン・ジョンソン
原作 カレン・リスナー
脚本 カーラ・ホールデン
出演 ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン、ヴァネッサ・ベイヤー、コリン・オドナヒュー、ジェイソン・リッター、ウィリアム・モーズリー ほか
劇場(兵庫) 神戸国際松竹

掲載日:2018/10/12 16:00

人気の記事



Page Top