明治150年記念歴史講演会『近代日本史のなかの阪鶴鉄道』 宝塚市

阪鶴鉄道(現・JR福知山線)宝塚駅(大正初め頃)
 宝塚市立中央図書館(宝塚市)で11月24日、明治150年記念歴史講演会『近代日本史のなかの阪鶴鉄道』が開催される。参加申し込みは10月26日まで。

 宝塚市は明治20年(1887年)に宝塚温泉が開業し、その後明治30年(1897年)には阪鶴鉄道(現・JR福知山線)が敷設され宝塚駅が開業。宝塚駅が開業したことで宝塚温泉への入浴客が増え、宝塚市も栄えていったという。同講演会では、そんな明治期に阪鶴鉄道が敷設された経緯について神戸女子大学教授・松下孝昭氏を講師に迎え、当時の写真や路線図をまじえながら解説する。
開催日 2018年11月24日(土)
時間 14:00~16:00
場所 宝塚市立中央図書館
(宝塚市清荒神1-2-18)
GoogleMapで探す
聴講料 無料
定員 80人(応募者多数の場合は抽選)
申し込み締切 10月26日(金)必着
申し込み・問い合わせ 宝塚市立中央図書館
TEL 0797-85-0648(平日の10:00~17:00)

掲載日:2018/10/10 00:00

人気の記事



Page Top