このイベントは終了しました。

六甲高山植物園で「キイジョウロウホトトギス」が見ごろ 神戸市灘区

 神戸市灘区の六甲高山植物園で現在、「キイジョウロウホトトギス」が見ごろを迎えている。

 「キイジョウロウホトトギス」は和歌山県の紀伊半島南部にのみ自生する稀少なホトトギスの仲間で、名前の“キイ”も花色ではなく自生地を示している。長さ40~80センチの茎はしなだれて、節々に重なって花を咲かせる。その姿が優雅で美しいことから、平安時代に宮中へ奉仕した貴婦人“上臈(ジョウロウ)”にちなんで名づけられた。

 同園では約100株が斜面にすずなりになって植栽されており、光沢のある黄色い花を観賞することができる。
期間 10月上旬まで
開園時間 平日17:00~18:30(受付終了18:00)
土・日・祝日17:00~19:30(受付終了19:00)
場所 六甲高山植物園
(神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150)
GoogleMapで探す
料金 入園料のみ
【入園料】
大人(中学生以上)620円、小人(4歳~小学生)310円、シニア(65歳以上)520円
※六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018周遊チケット及び、各種共通券でも入園可能
問い合わせ 六甲高山植物園
TEL 078-891-1247

掲載日:2018/9/26 00:00

人気の記事



Page Top