神戸ゆかりの美術館『詩情の画家 西田眞人 一の宮をえがく 展~こころの旅 第1章~』

「夜鶴」2017年 敬愛まちづくり財団蔵
 神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)で10月6日から12月9日まで『詩情の画家 西田眞人 一の宮をえがく 展~こころの旅 第1章~』が開催される。

 神戸市生まれの画家・西田眞人さんは、京都市立芸術大学美術学部教授をつとめ、詩情あふれる独自の世界を表現する気鋭の画家として、優れた作品を制作してきた。西田さんが新たに挑戦しているのが“一の宮”。全国一の宮会に加盟する101社の神社の大半は、古くからその地域の信仰を集める由緒と歴史のある神域とされ、西田さんは別格である伊勢神宮の内宮、外宮をあわせて合計103社の神社を描くことを目指して旅をしている。

 同展では、伊勢神宮の内宮、外宮をえがいた杉戸絵を特別展示し、これまでに完成した32点の作品を写生とともに第1章として紹介。また、初期作品から阪神・淡路大震災、ハーバーランドの風景、イギリスの風景をテーマとする作品を厳選して展示する。
期間 2018年10月6日(土)~12月9日(日)
※月曜休館(祝日の場合翌日)
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
場所 神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
入館料 一般1,000(800)円、大学生500(400)円、高校生以下無料
※( )内は前売・20人以上の団体料金
問い合わせ 神戸ゆかりの美術館
TEL 078-858-1520

掲載日:2018/9/26 00:00

人気の記事



Page Top