紅葉シーズン『原不動滝』宍粟市

 環境庁が選出した日本を代表する滝、“日本の滝100選”の一つ「原不動滝」の紅葉が11月中旬頃まで見ごろとなる。

 「原不動滝」は県内の南西部を流れる揖保川の支流で、落差88メートルの男滝と滝つぼで合流する女滝の2つの滝の総称であることから「夫婦滝」とも呼ばれている。周囲にはモミ、ブナ、もみじなどの原生林が生い茂り、毎年紅葉シーズンには多くの人が訪れる。滝見用の吊り橋「奥かえでばし」からは、美しく色づいた木々と、その合間から姿を見せる滝の風情あふれる姿が鑑賞でき、近隣にはバーベキューやキャンプ場、宿泊・温泉施設があり自然の中で思う存分遊ぶ事ができる。

 また、11月1日から4日にはとれたてりんごの直売が行われるほか、4日には原不動滝周辺で「元祖もみじ&りんごまつり」を開催。りんごの皮むき競争やりんごジュース早飲み競争、りんごの重さ当てクイズといった催しがあるほか、やきそば、おでんポテトフライなどの食のコーナーが登場する。

日程 2018年10月下旬~11月中旬
【紅葉のライトアップ】10月20日~11月11日

「元祖もみじ&りんごまつり」
11月4日(日)
10:00~15:00
場所 原不動滝(原不動滝公園楓香荘より徒歩10分)
(宍粟市波賀町原625)
GoogleMapで探す
入園料 大人200円、子ども100円
問い合わせ 宍粟市産業部地域産業課波賀産業振興係
TEL 0790-75-2220

掲載日:2018/9/11 16:00

人気の記事



Page Top