関東で話題のクレープ店『コムクレープ』元町にオープン 西日本初出店

クレープブリュレ
ベーコンエッグクーパー
イチゴミルクタピオカ—ナ
 富山で生まれた人気クレープ店『コムクレープ』が9月28日、神戸元町店をオープンする。西日本での出店は初めて。

 2004年に富山市中心市街地に本店をオープン。2005年に看板商品の「クレープブリュレ」が誕生し、百貨店催事出店などで全国に人気を広げていった。2016年にFC一号店を激戦区原宿にオープンし、クレープブリュレを目当てに多くの人が行列を作り話題を集め、今や様々なメディアでも取り上げられるなど日本を代表するクレープリーとして知られている。

 コムクレープのおいしさの秘密は、薄いパンケーキとしてオリジナルレシピで開発されたクレープ生地。焦がしクレープで特製のバニラカスタードをキャラメリーゼした「クレープブリュレ」や“高級熟成ベーコン”を贅沢に使用しランチメニューとして人気の「クーパーシリーズ」、チョコバナナなど定番クレープを揃えた「プレーンシリーズ」、飲むスイーツがコンセプトの「タピオカーナシリーズ」などを提供している。また、百貨店の催事や通販サイトで展開されている「冷凍コムクレープ(アイス)」も販売。冷凍テイクアウト用のオリジナル保冷バッグも用意されているのでお土産にも最適だという。
店舗名 コムクレープ神戸元町店
住所 神戸市中央区元町通1-3-14 致利ビル1階北
営業時間 11:00~19:00
定休日 なし
TEL 078-392-0788

掲載日:2018/8/30 16:00

人気の記事



Page Top