このイベントは終了しました。

映画『グッバイ・ゴダール!』

©LES COMPAGNONS DU CINEMA - LA CLASSE AMERICAINE - STUDIOCANAL - FRANCE 3.
 映画監督ジャン=リュック・ゴダールとの2人目の妻でで女優・作家のアンヌ・ヴィアゼムスキーによる自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』が7月13日より公開される。

 いくつもの映像化のオファーを断ってきたアンヌが、『アーティスト』でアカデミー賞®に輝いたミシェル・アザナヴィシウス監督の言葉に心を動かされ、初めての映画化を承諾。アンヌは惜しくも2017年10月に亡くなってしまうも完成作を観て気に入っていたという。

<ストーリー>パリで暮らす哲学科の学生、19歳のアンヌ(ステイシー・マーティン)は、世界中から注目される気鋭の映画監督ジャン=リュック・ゴダール(ルイ・ガレル)と出会い、恋に落ち、彼の新作『中国女』の主演女優に抜擢されるなど、それまで予想だにしなかった刺激的な日々を送っていた。そしてゴダールからのプロポーズを受け、ノーベル文学賞受賞作家フランソワ・モーリアックを祖父に持つアンヌとゴダールの結婚は世間から注目され、メディアにも追いかけられる。生まれて初めての体験ばかりの毎日に、アンヌはあらゆることを夢中で吸収していくが、パリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり、ゴダールは次第に革命に傾倒していく。そして、遂に1968年の五月革命が勃発する—。
公開日 2018年7月13日(金)
[R15+]
監督・脚本 ミシェル・アザナヴィシウス
原作 アンヌ・ヴィアゼムスキー
「それからの彼女」
出演 ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン、ベレニス・ベジョ ほか
劇場(兵庫) 神戸国際松竹

掲載日:2018/7/13 00:00

人気の記事



Page Top