夏季特別展『特撮のDNA展-平成に受け継がれた特撮“匠の夢”-』 明石市

ゴジラ スーツ 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 』(2000)より TM&©TOHO CO., LTD.
 『モスラ』や『ゴジラ』といった特撮作品に登場する怪獣、乗り物、兵器などの造形作品を間近で見られる夏季特別展『特撮のDNA展-平成に受け継がれた特撮“匠の夢”-』が7月14日、明石市立文化博物館(同市上ノ丸)で始まる。9月2日まで。

 日本が世界に誇る「特撮(特殊撮影技術)」は、現在のようにCG技術を駆使するようになる以前は、ミニチュアや映像トリックを用いるのが主流だった。同展では、当時の特撮映像スタッフが現実世界には起こりえない事象を描き、存在しない生き物を作り出すにあたって、細部までこだわり命を吹き込んだヒーローや怪獣、乗り物、兵器などの造形作品を紹介。ジオラマには、全高約180センチ、頭から尻尾の先まで約4メートルにも及ぶ『ゴジラ×メガギラス G 消滅作戦』(2000 年公開)のゴジラスーツが展示される。また、自由に触れるゴジラの表皮に加え、同展で初めて公開される『流星人間ゾーン』(1973年放映)の造形物などもある。また、『ゴジラ対メカゴジラ』『メカゴジラの逆襲』の撮影で使用されたメカゴジラのオリジナルスーツと共に記念撮影できるフォトスポットが設けられるほか、造形師・若狭新一さんによるギャラリートーク(7月15日)などの特別イベントも実施される。 
開催期間 2018年7月14日(土)~9月2日(日)
※ 会期中無休
時間 9:30~18:30
※入館は18:00まで
場所 明石市立文化博物館
(明石市上ノ丸2-13-1)
GoogleMapで探す
入館料 当日券
大人1000円、高大学生700円、中学生以下無料

前売券
大人800円、ペア1,300円
※前売券は7月13日(金)まで明石市立文化博物館などで販売
問い合わせ 明石市立文化博物館
TEL 078-918-5400

掲載日:2018/7/9 16:00

人気の記事



Page Top