小学生を対象とした56プログラム『阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2018』参加者募集

 夏休み期間中の小学生を対象とした体験学習プログラム『阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2018』が7月21日から8月30日まで開催され、現在2640人の参加者を募集している。募集期間は6月18日まで、応募多数の場合は抽選。

 阪急阪神沿線が「未来にわたり住みたいまち」となるようにと阪急阪神ホールディングスグループが取り組む社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として2010年から実施。同グループの様々な事業や施設、人材を活かして小学生に仕事体験や学びの機会を提供している。これまで累計1万2404人の小学生が参加し、昨年は2万を越える応募が集まるなど好評を博しているという。

 9回目となる今回は、宝塚歌劇のオーケストラとの演奏体験やコンビニの店長体験といった新プログラムをはじめ、例年人気の鉄道教習所での運転士・車掌体験、阪神甲子園球場の裏側見学など、過去最高の全56プログラムを展開する。そのほか、普段は入れない電車の工場・車庫の見学やホテルのシェフ直伝の調理体験、テレビ・ラジオ・映画・広告の制作体験などがラインナップ。また、7月30日と31日にはハービスHALL(大阪市北区)にて、沿線の市民団体による木工やアート制作が体験できる「ゆめ・まちフェスティバル」も開催される。
開催期間 2018年7月21日(土)~8月30日(木)
応募期間 2018年6月5日(火)~18日(月)
募集人数 小学生2,640人(保護者の同伴必須)
※応募多数の場合は抽選
料金 参加無料
※一部有料施設のプログラムでは参加小学生以外の方の利用料が必要な場合あり
応募方法・プログラム一覧 公式サイトにて
問い合わせ 阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト事務局
(阪急阪神ホールディングス株式会社 人事総務室 総務部 社会貢献担当)
TEL 06-6373-5086
(平日の9:00~12:00、13:00~17:00)

掲載日:2018/6/8 00:00

阪急阪神ホールディングス提供

人気の記事



Page Top