映画『海を駆ける』

©2018「海を駆ける」製作委員会
 片言の日本語とインドネシア語を話す正体不明の主人公をディーン・フジオカが演じるファンタジー映画『海を駆ける』が5月26日より公開される。人間の生活は、時に美しく時に脅威となる自然と共にあるということを、インドネシアの美しい海と国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出す。

<ストーリー>インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている日本人らしき男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが身元は分からなかった。災害復興の仕事をしている貴子(鶴田真由)と息子のタカシ(太賀)は、記憶喪失ではないかと診断されたその男にインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名付けて預かることに。いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは様々な不思議な現象が起こり始めていた…。
公開日 2018年5月26日(土)
脚本・監督 深田晃司『淵に立つ』『ほとりの朔子』
出演 ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由 ほか
劇場(兵庫) シネ・リーブル神戸
MOVIXあまがさき

掲載日:2018/5/26 00:00

人気の記事



Page Top