女子バレーボールチーム『ヴィクトリーナ姫路』Vリーグ2018-19参入が決定

 姫路市を本拠地に活動する日本初の女子プロバレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」が、Vリーグ2018-19に参入することが決定した。これに伴い、チーム強化をはじめ、姫路市におけるホームゲームの開催や地域連携活動を活発に行うため、4月1日に新体制を発表した。

 同チームは2016年3月に設立され、同年に全日本代表の主将を務めた竹下佳江が監督に、姫路市出身で元全日本女子代表監督の眞鍋政義がジェネラルマネージャーに就任した。

 今年3月、初参戦となった「第8回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会」において優勝。Vリーグ機構のS3ライセンスを取得し、2018-19シーズンからV2リーグへの参戦が決定した。
 
 
チーム名 ヴィクトリーナ姫路
本拠地、ホーム 姫路市、ウインク体育館(姫路市立中央体育館)
(姫路市西延末90番地)
GoogleMapで探す
問い合わせ ヴィクトリーナ姫路
E-MAIL info@victorina-vc.jp

掲載日:2018/4/23 00:00

人気の記事



Page Top