このイベントは終了しました。

伊丹市立美術館、伊丹市立工芸センター『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン』展 伊丹市

『こいぬのくんくん』より、絵本、1969年
© Mercis bv
 伊丹市立美術館と伊丹市立工芸センター(伊丹市)で6月16日から7月29日まで『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン』展が開催される。

 絵本「ミッフィー」(うさこちゃん)シリーズで知られる、オランダ人絵本作家のディック・ブルーナは、グラフィックデザイナーとしての顔も持ち、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表する名作を数多く残している。作品に共通する特徴は「シンプルであること」だといい、余分なものを極力削ぎ落としつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいる。同展では、200冊を超えるペーパーバックをはじめ、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画やポスターの複製など約500点が展示され、“究極のシンプル”と称されるブルーナの秘密に迫る。

 また、プロダクトやグラフィック、ファッションなどの日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組(KIGI、groovisions、中村至男、ミントデザインズ)が、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作も発表される。
開催期間 2018年6月16日(土)~7月29日(日)
※月曜定休(ただし7月16日は開館、7月17日は休館)

営業時間 10:00~18:00
※入館は17:30まで
場所 伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
(伊丹市宮ノ前2丁目5-20)
GoogleMapで探す
入館料 一般700円、大高生350円、中小150円
問い合わせ 伊丹市立美術館
TEL 072-772-7447

掲載日:2018/5/21 00:01

人気の記事



Page Top