西宮神社の旬祭・十日参りを彩る『2018年度 とおかしプロジェクト』スタート

 西宮神社(西宮市)では、毎月10日に行われている旬祭・十日参りで参拝者に「とおかし(10日のお菓子)」を配布している。西宮和菓子ブランド発信事業実行委員会に参加する市内和菓子店がが中心となって、各店の「とおかし」を開発し、毎月各店舗が月替わりで提供する。

 谷矢製餡の酒粕といちごの2種類の金鍔(きんつば)「えびす金鍔(8月)」や、君栄堂本舗の大粒の栗が入った栗饅頭「戎福栗(10月)」、成田家の小豆餡・柚子餡・はちみつ餡を使った3種の最中「えびす舞(3月)」などが旬祭で配られるほか、毎月10日限定で「とおかしプロジェクト」参加店舗にて、各店の「とおかし」が販売される。

 「とおかしプロジェクト」では、共通の掛け紙とタペストリーを作成し、“毎月10日はとおかしの日”として西宮和菓子ブランドの新たな発信を行っていくという。
開催日 毎月10日(※1月を除く)
時間 10:00~ ※数量限定
※都合により変更の場合あり
場所 西宮神社
(西宮市社家町1-17)
GoogleMapで探す
とおかし詳細 西宮観光協会公式サイトにて
問い合わせ 西宮神社
TEL 0798-33-0321

掲載日:2018/5/2 16:00

人気の記事



Page Top