このイベントは終了しました。

「播磨国風土記」ゆかりの地を巡る『加西風土記モバイルスタンプラリー』 加西市

 「播磨国風土記」に書かれた地名や由来、云い伝えの場所が今も残る加西市の各地を巡る『加西風土記モバイルスタンプラリー』が6月30日まで開催されている。スマホを使って公式サイトより誰でも参加可能(GPS機能がついた携帯かスマートフォンから参加登録)。

 同市の「播磨国風土記」ゆかりの地には15か所のチェックポイントを設置。鴨の狩場だったエピソードが地名となった「上鴨・下鴨の里」「鴨坂」「鴨谷」、射止めた鴨を煮物に調理した場所「煮坂」、一人の女性がタケノコを抜いて、食べたところ、体が三重に折れ曲がって座り込み立ち上がれなくなったことから名付けられた「三重(みえ)の里」など、風土記のマークがついた看板のあるチェックポイントをスマホ片手に探して、QRコードを読み取りスタンプを集める。

 さらに、チェックポイントで当時の生活や歴史に触れるクイズに正解する毎に貰えるスタンプで、マイページ内に1回だけ使用できる”対象の飲食店で提示し、特典が受けれる”「共通クーポン」が発行される。また、スタンプ数に応じて、市内飲食店で使えるお得なクーポンや賞品に月に1回応募できる抽選に参加することができる。
開催期間 2018年4月7日(土)~6月30日(土)
場所 加西市界隈の「播磨国風土記」ゆかりの地
(加西市)
GoogleMapで探す
チェックポイントの詳細はこちら
参加費 無料
※GPS機能がついた携帯かスマートフォンから参加登録
問い合わせ モバイルスタンプラリー事務局 (受付/平日9:30~18:30)
TEL 0797-25-5430

掲載日:2018/4/22 00:00

人気の記事



Page Top