神戸ファッション美術館『大正ロマン昭和モダン』神戸市東灘区

小早川清「近代時世粧ノ内 一 ほろ酔ひ」
 4月21日から7月1日まで、神戸ファッション美術館で『大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-』が開催される。

 大正時代から昭和初期にかけては、日本文化と西洋文化が融合・昇華され、現代の大衆文化の源流ともいえる表現活動が活発化し、絵画では叙情的な女性像で一世を風靡した竹久夢二(たけひさ ゆめじ)をはじめ、高畠華宵(たかばたけ かしょう)や蕗谷虹児(ふきや こうじ)らが甘美な少女・少年像などを描き、支持を得た。さらに昭和に入ると、岩田専太郎、中原淳一ら挿絵画家が活躍。日本画や洋画、版画の作家たちも新たな表現を試みるようになった。同特別展では、竹久夢二・高畠華宵を中心に、蕗谷虹児、岩田専太郎、中原淳一、鏑木清方、伊東深水、橋口五葉など大正から昭和にかけて活躍した画家たちの日本画、版画、挿絵原画、絵葉書、楽譜、装丁本などの作品が約200点展示される。

 関連イベントとして、4月29日に講演会『大正ロマンの画家たち-夢二や華宵など-』が、5月13日には竹下夢二のデザインを使って、便箋や封筒を飾るワークショップ『筆で描き、彩り、楽しむ夢二のデザイン』が同美術館で開催される。
期間 2018年4月21日(土)~7月1日(日)
※月曜は休館(ただし4月30日は開館し、翌5月1日が休館)
会場 神戸ファッション美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
開館時間 10:00~18:00
※入館は17:30まで
入館料 一般500円、大学・65歳以上250円、高校生以下無料
関連イベント (1)講演会「大正ロマンの画家たち-夢二や華宵など-」 
日時/4月29日(日)14:00~15:30 
定員 90人程度(参加無料、要申し込み・先着順)

(2)ワークショップ「筆で描き、彩り、楽しむ夢二のデザイン」
日時 5月13日(日)14:00~16:00
定員 20名(要申し込み・先着順)
問い合わせ 神戸ファッション美術館
TEL 078-858-0050

掲載日:2018/4/15 16:00

人気の記事



Page Top