映画『ダンガル きっと、つよくなる』

©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
 レスリング一直線の熱血な父と2人の娘たちの実話を基に描いたサクセス・ストーリー『ダンガル きっと、つよくなる』が4月6日より公開される。インド映画の世界興収歴代第1位を記録、各国でヒットを記録を更新中の話題作。

<ストーリー>レスリングの国内チャンピオンになったものの、生活のために引退したマハヴィル(アーミル・カーン)。金メダルの夢を息子に託すはずだったが、生まれてくるのは娘ばかり。やむなく夢は諦めるも、十数年後にケンカで男の子をボコボコにした長女ギータ(ファーティマー・サナー・シャイク)と次女バビータ(サニャー・マルホートラ)の格闘センスに希望を見出す。男物の服を着せ、髪を切り…2人を鍛え始めるマハヴィル。その暴走した指導を目の当たりにした町の人々は一家を笑い者にするが、父の信念は曲がらない。やがて2人は目覚ましい才能を開花させ始める─。
タイトル 『ダンガル きっと、つよくなる』
公開日 2018年4月6日(金)
監督・脚本 ニテーシュ・ティワーリー
出演 アーミル・カーン、ファーティマー・サナー、サニヤー・マルホートラ、サークシー・タンワル ほか
劇場(兵庫県) シネ・リーブル神戸、TOHOシネマズ西宮OS

掲載日:2018/4/2 00:00

人気の記事



Page Top