このイベントは終了しました。

須磨海浜水族園で春の訪れを告げる「カミクラゲ」を展示

触手を広げたカミクラゲ
 須磨海浜水族園(神戸市須磨区)で3月25日まで「カミクラゲ」が展示されている。

 カミクラゲは、冬から春にかけて見られ、須磨の海では1月下旬頃に2、3センチメートルほどの個体が姿を現し始める。この時期の海中では、クラゲの餌となるプランクトンが大量に繁殖し始めるため、カミクラゲ以外にも様々なクラゲが出現。その賑わいと共に、こつ然と姿を現すことから“春を告げるクラゲ”などと呼ばれるている。1日に2回ほど行う餌やり時には、触手や傘の中心にある口を使って、餌のプランクトンを集めて食べる様子を観察することができる。
展示期間 2018年2月19日(月)~3月25日(日)
営業時間 9:00~17:00
場所 神戸市立須磨水族園 本館2階クラゲコーナー
(神戸市須磨区若宮町1丁目3-5)
GoogleMapで探す
入園料 大人(18歳以上)1,300円、中人(15歳~17歳)800円、小人(小・中学生)500円、幼児 無料
問い合わせ 神戸市立須磨水族園
TEL 078-731-7301

掲載日:2018/2/23 00:01

人気の記事



Page Top