松帆銅鐸イベント『淡路島古代フェスティバル』南あわじ市

 3月4日、南あわじ市の美菜恋来屋(南あわじ市あわじ島まるごと食の拠点施設)と淡路ファームパークイングランドの丘 ヒルトップホールで松帆銅鐸イベント『淡路島古代フェスティバル』が開催される。

 銅鐸とは弥生時代の人びとが、農作物の五穀豊穣を願うお祭りの道具として使っていたとされる釣鐘型のベルで、2015年に南あわじ市松帆で7個もの銅鐸が一度に見つかった。この発見は「国宝級の資料」と呼ばれ、淡路島や南あわじ市の歴史に改めて注目が集まっているという。

 同イベントは、松帆銅鐸型のチョコづくりや組ひもづくりなどのワークショップ、銅鐸グッズの店やカフェも出店するマルシェ、松帆銅鐸の調査研究が報告される講演会などを通して、松帆銅鐸や南あわじ市の歴史への理解と関心を深める内容となっている。
日時 2018年3月4日(日)
10:00~16:00
※講演会は10:30~12:00
場所 マルシェ会場:美菜恋来屋(みなこいこいや)
(南あわじ市八木養宜上1408)
GoogleMapで探す

講演会会場:淡路ファームパークイングランドの丘 ヒルトップホール
(南あわじ市八木養宜上1401)
GoogleMapで探す
参加費 無料(美菜恋来屋)
定員(講演会) 200人
※要申し込み(申し込み者は入場無料)
※定員に達していなければ当日入場可
問い合わせ 南あわじ市教育委員会 社会教育課
TEL 0799-43-5232

掲載日:2018/2/11 00:00

人気の記事



Page Top