このイベントは終了しました。

竹中大工道具館『アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展よりー』

草壁家(となりのトトロ)(c)1988 Studio Ghibli
 大工道具博物館・竹中大工道具館(神戸市中央区)で2月24日から5月6日まで、『アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展よりー』が開催される。

 スタジオジブリのアニメーション作品には、“ドラマ”が起こる舞台としてたくさんの日本建築が登場している。同展では、竹中大工道具館が展示協力として携わった巡回展「ジブリの立体建造物展」から、『となりのトトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』などに登場する日本建築に注目。映画制作にあたり描かれた美術ボードや背景画、イメージボードといった制作資料(複製品)約70点が宮崎駿さんと建築史家・藤森照信さんの解説付きで紹介されるほか、『となりのトトロ』に登場する草壁家の木組み構造模型と縁側部分を実物大で表現した模型も展示される。

 また会期中には、春休み子ども体験教室「昭和30年代のおもちゃをつくろう!」と題して、木製ゴム鉄砲や水鉄砲、やじろべえなどを作るワークショップに加え、コマや竹馬などで遊ぶことができるイベントも行われる。
春休み子ども体験教室「昭和30年代のおもちゃをつくろう!」
※各回共通
場所 同館B2F木工室
参加費 500円(保護者は別途要入館料)
イベントの申し込みはウェブサイトのみ先着順

・木製ゴム鉄砲
開催日 3月10日(土)
時間 (1)10:30~11:30(2)13:00~14:00(3)14:30~15:30
定員 小学1年生~中学生とその保護者16組
申し込み締め切り 2月9日(金)必着

・サンドバギー
開催日 3月24日(土)
時間 (1)10:30~11:30(2)13:00~14:00(3)14:30~15:30
定員 小学1年生~中学生とその保護者16組
申し込み締め切り 2月23日(金)必着

・水鉄砲
開催日 3月27日(火)
時間 (1)10:30~11:30(2)13:00~14:00(3)14:30~15:30
定員 小学1年生~中学生とその保護者16組
申し込み締め切り 2月26日(月)必着

※その他のイベントは公式サイトにて確認

「昔のおもちゃで遊んでみよう!」
開催日 3月10日(土)・24日(土)・27日(火)・29日(木)、4月3日(火)・7日(土)
時間 各日とも10:00~12:00、13:00~16:00
参加費 無料
開催期間 2018年2月24日(土)~5月6日(日)
※月曜休館(祝日の場合は翌日休館)
開館時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
場所 竹中大工道具館
(神戸市中央区熊内町7-5-1)
GoogleMapで探す
アクセス 山陽新幹線「新神戸駅」から徒歩約3分
神戸市営地下鉄「新神戸駅」から徒歩約3分
入館料 一般500(400)円、65歳以上200(200)円、大学生・高校生300(250)円、中学生以下無料
※()内は20人以上の団体料金
問い合わせ 竹中大工道具館
TEL 078-242-0216

掲載日:2018/2/3 00:00

人気の記事



Page Top