映画『ガーディアンズ』

©2017, Enjoy Movies LLC
 熊に変身する人間や岩石を操る男、透明化する女など異質なキャラクターたちが活躍するロシアのヒーロー映画『ガーディアンズ』が1月20日より公開される。

<ストーリー>冷戦下のソヴィエト。違法な遺伝子操作によって特殊能力を持った兵士を生み出す「パトリオット計画」が進行し、“超人部隊”が作り出されようとしていた。しかし、組織の科学者クラトフ(スタニスラフ・シリン)の裏切りにより研究所は爆破、超人たちは姿を消してしまう。50年後、自らも強大な力を持つ超人となったクラトフがロシアを崩壊しようと目論み、それを知ったパトリオットは生き残った超人たちを集め国家の危機を防ごうとする。集められたアルスス(アントン・パンプシニ)、レア(セバスチャン・シサク)、ハン(サンザール・マディエフ)、クセニア(アリーナ・ラニナ)の4人は、失ったアイデンティティを取り戻すため、クラトフを倒すことを決意。そうして結成された“ガーディアンズ”に最後の希望が托された—。
タイトル 『ガーディアンズ』
公開日 2018年1月20日(土)
監督 サリク・アンドレアシアン
出演 アントン・パンプシニ、サンザール・マディエフ、セバスチャン・シサク、アリーナ・ラニナ、スタニスラフ・シリン ほか

掲載日:2018/1/10 16:00

人気の記事



Page Top