太陽公園でリアル謎解きゲーム『緋色の石と時止まりの村』姫路市

 姫路市にある“観光テーマパーク”「太陽公園」で現在、リアル謎解きゲーム『緋色の石と時止まりの村』が開催されている。3月31日まで。

 「凱旋門」や「万里の長城」など世界の石の文化や建築物を見ながら散策する「石のエリア」とドイツのノイシュバンシュタイン城をモチーフとした白鳥城が見学できる「城のエリア」との2つのエリアに分かれた自然豊かな広い園内で行われ、受付にて入場券とキットを購入すると参加することができる。同所は年末年始も営業され、リアル謎解きゲームをはじめ、1月1日から3日には福袋の販売など様々な年始イベントが企画されているという。

<ストーリー>太陽公園の頂上にある城、白鳥城。昔城が邪神に乗っ取られた時、勇気ある麓の村の者たちが城に乗り込み、邪神を追い払ったという。しかし、その時に邪神に呪いをかけられ、村人は石にされ、この村の時間は止まってしまった。村を救うためには、この地に伝わる太陽のように眩しい「緋色の石」を見つける必要がある。唯一の生き残りである村長に頼まれたあなたたちは、「緋色の石」を見つけるため、この村の謎を解き明かそうとする。果たして、あなたは「緋色の石」を見つけ、村を救うことはできるのか—。
期間 2017年11月18日(土)〜2018年3月31日(土)
場所 太陽公園(姫路市打越1342−6)
GoogleMapで探す
参加費 高校生以上 1,600円
小中高生 900円
75歳以上 900円
障がい者・介助(大人) 900円
障がい者(小人) 600円
※小学生未満は保護者キット購入で無料
参加方法 受付(石のエリア料金所・城のエリア料金所・スワン事務所)にて購入
※キット販売は15:00まで
問い合わせ 謎について
TEL 078-453-5489

開催日について
TEL 079-267-8800

掲載日:2017/12/27 00:00

人気の記事



Page Top