『新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち』

 神戸アートビレッジセンター(KAVC/神戸市兵庫区)で1月18日から22日まで、『新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち』が開催される。

 関西の芸人・喜劇役者を中心に日本の笑いのルーツともいえるコメディアンが繰り広げる喜劇作品をセレクトした新春企画。日本の喜劇役者・藤山寛美さんの代表作『親バカ子バカ』をはじめ、ずり落ちたロイド眼鏡でお馴染みの大村崑さんのヒット作『番頭はんと丁稚どん』、テレビ番組で人気を博した「てなもんや三度笠」の映画版『てなもんや東海道』など5作品が上映される。

 また、1月20日にはNHK連続テレビ小説「わろてんか」の漫才部分を手掛けるなど漫才作家・放送作家として活躍する大池晶さんを迎えたトークイベントも実施。同館担当者は「若い人には現在の笑いと比較しながら、当時を知る人には懐かしみながら楽しんでもらえれば。新年は劇場で初笑いを!」と来場を呼びかけている。
期間 2018年1月18日(木)〜22日(月)
出演・作品 出演 藤山寛美、大村崑、森繁久彌、ミヤコ蝶々、藤田まこと ほか

・「親バカ子バカ」(1960年)
・「番頭はんと丁稚どん」(1960年)
・「喜劇 駅前温泉」(1962年)
・「スチャラカ社員」(1966年)
・「てなもんや東海道」(1966年)

※上映スケジュールは こちらから
劇場 神戸アートビレッジセンター
(神戸市兵庫区新開地5-3-14)
GoogleMapで探す
料金 一律1,100円、3回券3,000円(期間中有効)
トークイベントのみ500円(本特集上映作品の半券提示で入場無料)
問い合わせ 神戸アートビレッジセンター
TEL 078-512-5500

掲載日:2018/1/10 00:00

人気の記事



Page Top