神戸メリケンパークオリエンタルホテル「鬼瓦」がホテル正面玄関に復活

(左)阿形(右)吽形
 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区)は、阪神淡路大震災を機に旧「オリエンタルホテル」から受け継いだ“護り神”「鬼瓦」を正面玄関に設置し、12月7日にはお披露目会が行われた。

 1964年(昭和39年)、日本最古級の西洋式ホテルとされる 旧「オリエンタルホテル」が京町25番地に移転しホテル建物が新築された時に、ホテルのアッパーラウンジの壁面に「阿形(あぎょう)」と「吽形(うんぎょう)」の2体の巨大な鬼瓦が設置された。その後、1995年(平成7年)1月17日の阪神・淡路大震災の発生により、旧「オリエンタルホテル」は甚大な被害を受け、閉館を余儀なくされた。しかし、鬼瓦はその当時ホテルにあった”日本で唯一”のホテルに建つ公式灯台と、昭和天皇が来神時に旧「オリエンタルホテル」の屋上から見た神戸みなと祭・海上提灯行列の夜景を詠った歌碑とともに、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルに受け継がれたという。

 鬼瓦は4階の宴会場フロアの壁面、灯台と歌碑はホテル最上階14階のバルコニーに設置されるも、2014年の宴会場のリニューアルを機に、鬼瓦は一旦撤去された。そして今回、「厄除け・良縁を招くものとして震災を乗り越え継承されてきた鬼瓦を神戸開港150年を機に復活させ、神戸の平和を護り続けるシンボルとして役立てたい」と正面玄関(3階)に再設置。ホテル広報担当者は『公式灯台は神戸の海を護るシンボルとして、鬼瓦は神戸の街を護るシンボルとして、旧「オリエンタルホテル」の“護り神”を継承し続けることで、今後も神戸とともに歩むホテルとしてありたい』と想いを語った。
場所 神戸メリケンパークオリエンタルホテル
(神戸市中央区波止場町5-6)
GoogleMapで探す
問い合わせ TEL 078-325-8111
(ホテル代表)

掲載日:2017/12/21 16:00

人気の記事



Page Top