このイベントは終了しました。

加茂神社『干支引き・奉納祭』姫路市

 播磨国安志庄 安志稲荷神社・加茂神社(姫路市)では現在、一反分の稲穂一反分を使用した巨大干支二基を奉納する『干支引き』が行われ、高さ6メートル幅5メートルの巨大な「戌」の飾り物が登場している。来年3月末まで。

 同行事は、正月の参拝客に楽しんでもらおうと1977年から実施されており、今年は安富町の建設会社がヒノキで骨組みを作り、地元産の酒米「兵庫夢錦」の稲穂で表面を覆って成形するなど約1ヵ月かけて完成させる。今年も地元の園児80人らが重さ2.5トンもある巨大な干支の置物を引っ張り、鳥居のようにくぐれる台の上に設置する。

 また、同神社では1月1日から新年を祝う祭祀「歳旦祭」が執り行われる。宮司は「戌の干支にあやかり、多くの子宝に恵まれる年になれば」と来年の願いを語った。
設置期間 2017年12月1日(金)~2018年3月末
※歳旦祭は2018年1月1日(月)
場所 播磨国安志庄 加茂神社
(姫路市安富町安志407)
GoogleMapで探す
アクセス ≪電車≫
JR「姫路駅」より車で約30分
≪車≫
中国自動車道 山崎インターより車で約10分
料金 観覧無料
問い合わせ 播磨国安志庄 加茂神社
TEL 0790-66-3180

掲載日:2017/12/15 00:00

人気の記事



Page Top