映画『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』

©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.
 300人のユダヤ人に動物の名を付け園内に匿い、その命を救った女性の感動の実話『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』が12月15日より公開される。

<ストーリー>1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤン(ヨハン・ヘルデンブルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。ユダヤ人の多くが次々とゲットー(ユダヤ人強制居住区)へ連行されていくなか、その状況を見かねたヤンはアントニーナに「この動物園を隠れ家にする」と提案する。アントニーナは、その言葉を受け入れた。すぐさまユダヤ人を連れ出し、動物園の地下の檻で身を隠すことが出来たが、ドイツ兵は園内に常に駐在しているため、いつ命が狙われてもおかしくなかった。さらにヤンが地下活動で家を不在にすることが続き、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り抜き、怯むことなく果敢に立ち向かっていくが—。
タイトル 『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』
公開日 2017年12月15日(金)
※豊岡劇場は順次公開
監督 ニキ・カーロ
脚本 アンジェラ・ワークマン
出演 ジェシカ・チャステイン、ダニエル・ブリュール、ヨハン・ヘルデンブルグ ほか

掲載日:2017/12/3 16:00

人気の記事



Page Top