兵庫県立考古博物館 平成30年の干支「戌」をテーマにした展示

パルメット唐草十二支紋鏡(約1,400年前 図録197)
 加西市豊倉町の兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」スポット展示ケースにて、平成30年の干支「戌」をテーマにした『干支 戌』が来年1月2日から3月13日まで行われる。

 期間中は、戌の文字が表された約2000年前の「方格規矩四神鏡」と、約1400年前の「パルメット唐草十二支紋鏡」の2面の鏡を陳列。「方格規矩四神鏡」は、当時の宇宙観の中に十二支の文字が配置され、鏡に方位を与えている。また、「パルメット唐草十二支紋鏡」は、西方から伝えられたパルメット唐草紋が美しく、周りには東アジアに広がる十二支が犬などの動物の紋様として表されている。

 展示に合わせて「干支とは何か?“戌”と“犬”の違いは?」といった疑問や、人と犬との長い関わりについても簡単な解説が行われる予定で、鏡を通して来年の干支・戌年(いぬどし)について知ることができる。
開催期間 2018年1月2日(火)~3月13日(火)
時間 9:00~17:00(フラワーセンターを17:00までに退園)
※休館日は毎週水曜日(1月3日は正月のため開館)
場所 兵庫県立考古博物館 加西分館「古代鏡展示館」・スポット展示ケース
(加西市豊倉町1282-1)
GoogleMapで探す
観覧料金 100円(高校生以下無料)
※別途フラワーセンター入園料(一般500円など)が必要
問い合わせ 兵庫県立考古博物館 加西分館「古代鏡展示館」
TEL 0790-47-2212

掲載日:2017/11/15 16:00

人気の記事



Page Top