ライゾマティクス代表・齋藤 精一さんをゲストに迎え『神戸学校』神戸市中央区

齋藤精一さん
 フェリシモが各界の第一線で活躍するゲストを迎え、毎月1回開催しているメッセージライブ『神戸学校』が11月25日、神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で開催される。要事前申し込み。

 今回のゲストは、設立10年目にして世界トップクラスのクリエイティブ・カンパニーとして注目を集める「ライゾマティクス」代表の齋藤 精一さん。ライゾマティクスは、2006年に齋藤さんとメディアアーティストの真鍋大度さん、千葉秀憲さんの3人で創業され「これまで誰もやったことがない実験的な表現に挑戦しつづけ、その成果を社会に還元していく」とことをミッションに活動。代表的な作品に、リオオリンピック閉会式のプロジェクションマッピングやデジタルが街をジャックするauのコマーシャルなどが挙げられる。

 同イベントでは、齋藤さんが今イメージする未来の街、建築を含む街づくり「呼吸する街」やライゾマティクスでの活動についても語られるという。
【齋藤 精一さん プロフィール】
ライゾマティクス代表・クリエイティブディレクター。1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後、ArnellGroupにてクリエイティブとして活動し、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、京都精華大学デザイン学科非常勤講師。また、2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員、2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、グッドデザイン賞2015-2016審査員なども務めた。
開催日時 2017年11月25日(土)
13:30~16:00(13:00開場)
場所 デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO)
2階 STAGE FELISSIMO
(神戸市中央区小野浜町1-4)
GoogleMapで探す
講師 ライゾマティクス代表・クリエイティブディレクター
齋藤 精一さん
申し込み 神戸学校 公式サイト より
参加料 【1人】一般1,200円(学生1,000円)
【2人(ペア)】一般2,000円(学生1,600円)
※中学生以下は無料
問い合わせ 神戸学校事務局
TEL 078-325-5727(平日10:00~17:00)

掲載日:2017/11/12 00:00

人気の記事



Page Top