映画『覆面系ノイズ』

©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会
 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎監督が「花とゆめ」で連載中の大人気コミックを映画化した『覆面系ノイズ』が11月25日より公開される。登場人物全員が伝えられない想いを抱き、それぞれの思いがバンドの音とともに紡がれる切ない“片恋ラブストーリー”。

<ストーリー>歌うことが大好きなニノ(中条あやみ)は高2の春、転校先の学校で幼い頃に出会った曲作りをする男の子・ユズ(志尊淳)と再会する。ニノを想って曲を書き続けてきたユズは、思わぬ再会に戸惑いながらも気持ちを募らせていく。一方、ニノは幼いころに離れ離れになった初恋の相手・モモ(小関裕太)が今でも忘れられずにいた。「いつかモモにこの歌声を届けたい」と日々練習を重ねるニノはある日、とあるオーディション会場で偶然モモと出会う。しかし、ニノはモモに気持ちを伝えることはできなかった。そんな時、辞めてしまったボーカルの代わりにニノはユズの所属するバンドでボーカルを担当することに。それぞれの恋する気持ちが交差する中でニノが気づく本当に大切な人とは―。
タイトル 『覆面系ノイズ』
公開日 2017年11月25日(土)
監督 三木康一郎
原作 山リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社・「花とゆめ」連載)
脚本 横田理恵、三木康一郎
出演者 中条あやみ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮 ほか

掲載日:2017/11/9 00:00

人気の記事



Page Top