第15回『関西文化の日』関西の文化施設が入館無料に

 関西2府8県(福井、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、徳島)内の美術館・博物館などの文化施設の入館料が無料になる『関西文化の日』が今年も開催される(原則として常設展のみ)。実施日は11月18日と19日を中心に、11月中の期日を設定して行われる。

 「関西が誇る長い歴史に培われた豊かな文化資源に気軽に接してほしい」と、2004年より11月の第3土・日曜日を中心に毎年実施。15回目を迎える今年は、昨年より約40施設が増え、過去最多となる約690施設が参加登録。兵庫県では、国宝姫路城(18日)や横尾忠則現代美術館(10日・17日)、神戸ファッション美術館(18日・19日)、UCCコーヒー博物館(18日・19日)、明石市立天文科学館(18日・19日)など100を超える施設が対象となる。

 参加施設や各施設の実施期間は、公式サイトまたはパンフレットより確認できる。パンフレットは、公式サイトからもダウンロード可能(PDF)。
開催日 2017年11月18日(土)、19日(日)ほか
※施設によって異なる

【参加施設、開催日時の詳細】
公式サイトまたはパンフレットにて

※原則として常設展のみ
※参加施設には通常無料施設も含まれる
開催エリア 関西2府8県(福井、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、徳島)
問い合わせ 問い合わせフォームより

掲載日:2017/10/25 16:00

人気の記事



Page Top