山﨑賢人・橋本環奈が登場 映画『斉木楠雄のΨ難』大阪舞台挨拶レポート

 映画『斉木楠雄のΨ難』の公開日翌日の10月22日、大阪ステーションシティシネマ(大阪市北区)にて舞台挨拶付き上映会が行われた。主人公・斉木楠雄を演じた山﨑賢人さん、斉木に想いを寄せる美女・照橋心美役の橋本環奈さん、そして本作を手掛け『銀魂』や「勇者ヨシヒコ」シリーズで知られる福田雄一監督が登壇した。

 歓声が飛び交うなか登場した3人、「今日は大阪に来られて嬉しく思います!(上映後の舞台挨拶ということで)皆さんに早く見ていただきたかったです。どうでしたでしょうか!?」と山﨑さんが観客に呼びかけると大きな拍手が沸き起こった。続けて橋本さんは「皆さんこんにちは!早速皆さんに見ていただけて嬉しいです。本当にありがとうございます」、福田監督は「本日はお足元の悪いなか、こんなにたくさんのお客さんに来ていただけて嬉しいです!」と挨拶。

 コメディ映画の主演は本作が初めてとなる山﨑さんは「本当に福田監督の作品が大好きなので今回お話をいただいて本当に嬉しかった」とコメント。山﨑さんの出演は福田監督の熱望だったといい「実は最初、嫁から山﨑くんの良さを教えてもらったんです。そんな時に斉木楠雄のビジュアルを見たら、賢人くんだ!って思いましたね」とオファーの経緯を説明、さらに山﨑さんのスケジュールは埋まっていたものの「別の方は考えられない」と2年以上待ったという裏話も披露された。一方、橋本さんは2度目の福田監督作品。今回も劇中で様々な表情を見せていることについて触れられると、橋本さんは「実は私だけまだ映画を見れていなくて…どういう感じになっていたでしょうか!?」と観客に問いかけると「可愛かった!」や「おっふ」など映画にちなんだ声が飛び交い、橋本さんは嬉しそうに微笑んでいた。

 また、MCより大阪に来たら絶対食べるものや大阪で行きたいところを聞かれると、山﨑さんは「昨日大阪で焼き鳥を食べました。めっちゃおいしかったです!」と満面の笑みで回答。福田監督が「俺は絶対、551(蓬莱の豚まん)を食べる!」と続くと、山﨑さんは「カレーですか?」とまさかの一言。すかさず、橋本さんと福田監督が「カレー!?」と同時にツッコミ、会場は大きな笑いに包まれた。間違いに気づいた山﨑さんは「違う!豚まんだ!」と慌てて訂正し、さらに観客の笑いを誘った。

 最後に、「皆が笑ってハッピーになれる作品。それがどんどん広まって世界中が平和になればいいなと思います!大阪の皆さん、ぜひ太鼓判をお願いします!(山﨑)」、「本当に楽しすぎる現場だったので、その楽しさが見ている方にも伝わる映画だと思います。是非他の方にも広めていただけたらいいなと思います(橋本)」、「何一つ感動のない、涙もない映画だと思いますが(笑)、こういう笑えるだけの映画があると日本も平和だなと思えるし、これからもこういう映画を作れる機会が増えると嬉しいなと思います。よろしくお願いします!(福田監督)」とそれぞれアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

掲載日:2017/10/23 16:01

人気の記事



Page Top