映画『婚約者の友人』

©2015 MANDARIN PRODUCTION–X FILME–MARS FILMS–FRANCE 2 CINEMA-FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU
 『8人の女たち』『スイミング・プール』のフランソワ・オゾン監督のミステリー最新作『婚約者の友人』が11月4日より公開される。

<ストーリー>1919年、戦後のドイツ。婚約者フランツ(アントン・フォン・ルケ)を亡くし、悲しみの日々を送るアンナ(パウラ・ベーア)はある日、フランツの墓に手向けて泣いている男と出会う。戦前、パリでフランツと知り合ったと語るアドリアン(ピエール・ニネ)。彼らの友情に感動し心癒されていくアンナだったが、彼に“婚約者の友人”以上の想いを抱いたとき、アドリアンは自らの“正体”を明かす。いくつもの謎を残しアドリアンは姿を消した。彼を探すためフランスに旅立ったアンナは、アドリアンが入院したという病院で目を疑う記録を見つけるが—。
タイトル 『婚約者の友人』
公開日 2017年11月4日(土)
※その他地域では10月21日(土)より順次公開
監督 フランソワ・オゾン
出演 ピエール・ニネ、パウラ・ベーア ほか

掲載日:2017/10/22 00:00

人気の記事



Page Top